数学の指導方針

数学の学力を伸ばすのに必須の論理的思考力と表現力を早い段階で身に着ける。

成増塾中学部 数学科の目標は「数学の学力の土台となる論理的思考力と表現力」を身に着けてもらうことです。

難関大学の数学の問題で重要なのは論理的思考力と表現力です。これが具体的に何を意味するのかをこれから説明しましょう。

みなさんの中には数学は答えさえ合っていればよいと考えている人はいませんか。これが間違いであることは東大を始めとする難関大学の数学の問題の解答用紙を見ればすぐにわかります。解答用紙として渡されるのは、「ただの白紙」です。受験生は、この白い紙の上に、自分はどのように問題に取り組んだか、という思考過程を理路整然と説明していく必要があるのです。つまり、難関大学の数学の採点者は最終的な答えだけではなく、結論に至る論理的な思考力と、それをきちんと伝えることができる表現力を見たいのです。

これは、入試問題の現場で採点をしている大学の先生方の声からも明らかです。毎年、東大を始めとする所要大学の入試問題の採点者が集まって行う会議で出される声明文にも同じ趣旨のことが書かれています。

成増塾数学科では、答案の書き方を一から指導していきます。自分で理解したことを採点者にわかるように理路整然と書いていく力は一朝一夕に得られるものではありません。

高校数学につながる計算力は中学時代に培うしかない。

また、中学数学では文字式、方程式、因数分解が登場します。これらは高校数学を学習する前提となる学力なので、中学生のうちに十分な計算力をつけておく必要があります。いくら問題解法に対する「ひらめき」があり、解答までの道筋を読めたとしても、それを最終的に解答まで導いていくのはやはり確固たる計算力です。そして、確固たる計算力は中学数学を学ぶ過程で地道に習得するしかありません。

授業に出て「わかった」と思っても、いざ自分で解きなおすと実はよく分かっておらず同じ問題でも解けないことがあります。成増塾の授業では「わかった」から「解ける」レベルに生徒全員を導くために、小テストを頻繁に取り入れます。

中学数学の範囲は中1中2で終わらせます。中3では高校数学の数ⅠAの学習をします。高校受験組には難関高校の入試問題の対策をします。

成増塾中学部の数学の進度は中高一貫校の進度に合わせ、中1、中2で中学数学の全範囲を終わらせます。ここまでは高校受験を考えている公立中に通う生徒も同じです。

中3時には中高一貫校の生徒は高校数学の範囲であるⅠAを学習し、高校受験組は難関高校合格に向けて高校入試の問題を解いていきます。